社会学的ラブソングアーカイブ

はてなダイアリー終了に伴う「社会学的ラブソング」アーカイブ。

わりと恒例行事みたいな話

柴咲コウが「若者のすべて」をカバーすると聞いてよく出来たネタだなぁ、と。
微妙にありそうなライン。

とか思ってたら本当だったんだねぇ。

女優・柴咲コウは好きだけど歌手・柴咲コウはそうでもないので複雑。
何でまたこの歌なん。
フジファブリックでも他にあるだろう。
「Strawberry Shortcakes」「パッション・フルーツ」「Birthday」などなど。
「シャリー」を女の人が歌ったらすごく可愛いかもしんない。
なのに。「若者のすべて」。
声域広いけど大丈夫なのか。
キー変えちゃうのかな。。。
下を上げるとサビで上がめっちゃ上がっちゃう気が。
アレンジも変わっちゃうんだろうなー。そっちの方がやだなー。
変にいじられてもなー。
いっそ書き下ろしで曲提供の方がよかった、モヤモヤしなかった。
でもちょっと待て、ギターが名越さんとかドラムが豊夢さんやタイコさん、
ベースがキタダさん、ピアノが奥野さんはたまたエディさんとか
そういう可能性も残っているぞ。
その点ではとても楽しみだなァ。
奥野さんキボン。

奥野さんといえば、兵庫さんが褒めてらして超嬉しい!→ほらほらこれ!

閑話休題
若者のすべて」は難しい歌だと思う。
多分フジで一番知られてる歌なんではないかと思うし
年代を越えて幅広く愛される歌だろうと思う。
そうなるのはヒット曲より難しいだろう。
そのくらい、いい歌である。
だけど、声域広くてみんなが口ずさみやすいかというと違うような。
あとバンド、更にファンの思い入れの強い歌だ。
特にファン。
モノホンですら山内が歌うのを「カバー」とか言い出す人もあるというのに。
TVで藤井フミヤがモノホンの演奏で歌ってたけど、あれれって感じだった。
フミヤをもってしても!ですよ。
翔やんも歌ってらしたな。うー。
下手にアレンジしたら曲の良さよりベタベタな感じが出ちゃうかもしんない。
そういうのも小生の個人的な思い入れでしかないんだろう。
だけど凄く絶妙なバランスで成り立ってる歌である事に間違いはないだろう。

誰がどう歌って云々じゃなく”歌い続けられる”という事を喜ぶべきなんだろうなぁ。
そういう意味でも難しい、絶妙な位置にある歌だ。

それにしても皆何故フジでカバーするのが「若者のすべて」「茜色の夕日」
なのだ。
せっちゃんで言うところの「歌うたいのバラッド」「歩いて帰ろう」、
syrup16gで言うところの「Reborn」にあたる歌なのだろうか。
(「Reborn」も難しいよなぁ、ファンの思い入れ・期待の強い歌ですよこれも)
フジフレンドパークでキュウソが「銀河」「モノノケハカランダ」「唇のソレ」
辺りをやってくんないかしら。
あと誰か有名人の方、THE BACK HORNカバーして下さい。お願いします。
ええ歌いっぱいあるんやで。。。

どうでもいいニュース:
スマスマで木村拓哉が「若者のすべて」歌いたくてその為にフジが呼ばれや
しないかと期待したり心配したりしたのは内緒ですよ。