社会学的ラブソングアーカイブ

はてなダイアリー終了に伴う「社会学的ラブソング」アーカイブ。

スマホケース

あいぽんのケースが欠けた。

ぼんやりしてるけどスピーカーみたいなとこの両脇が欠落。
そもそも、このケースを使いたくて、6が出る前に5sにした。
5cなら実質的に本体タダだったのに。
色んな人に「6が出るの待てばよかったって思ってる?」と
聞かれたが、
ケースに合わせて5sが手に入るうちにと買ったのです。
友達とお揃い☆

なのに欠けた。
理由は分からない。
鞄に置いた時だったかにビーズ零したような音がして
何だろう?と探したが何も落ちていなかった。
おかしな事もあるもんだと思ったその日の夕方、
バの字の鹿ケースが欠けているのに気づいた。
昨日もお昼休みにふと見たら白いプラスチックの欠片が・・・
そんな手荒な事はしてない筈。
(一度落っことした時は無事だったんだがなぁ)
このまま朽ちていくのか、鹿よ。

どうせ新調するならフジの今回のツアーのあの赤い可愛らしいが故に
38歳非正規雇用*1が持つには厳しそうなケースにしようと思うのだが
6月まで持つだろうか。
(下手すりゃ7月以降かもしんない)
ROLLYのキティちゃんコラボも捨てがたい。(ググってみてね☆)
百均でケース買って上原子ォォォ!なステッカー貼るとか。
いつぞやの千社札デザインのやつね。
薄れてきたらその上に清水ゥゥゥ!坂詰ェェェ!兄ィィィ!と貼っていくとか。
てな事を考えていたらバの字渋公の時のステッカーを頂いた。
これがまた可愛い。可愛いけどまだ大丈夫そうな。
自分でステッカー貼ってオンリーワンな感じにしたらいいよね。
押し花スマホの技術でコーティング、と思ったが
レジンに手を出すとこまではやらんでいいか。

因みに鹿ケースに入れた上で更に黒猫ケースに入れている。

ミランダと刺しゅうがあったのでミランダと呼んでいる。
だから外側ケースが無くても問題ないといえば問題ないのかも。
黒猫ミランダの前はふかふかばね口ポーチを使っていた。

ふかふかなので、今は家用。
どんだけケース使うねん(笑)。
ばね口はしっかり閉まるの?と最初はちょっと不安だったが
思ってた以上にしっかり閉まる。
怒髪@武道館の時、家人に借りたダンボーバッテリー*2
そのままするんと入った。
入れたままポーチの外にケーブルを出す事も出来た。
そこら辺の融通の利き方がいい。
逆にあいぽんケースにしておくのが惜しいんだぜ。。。

*1:要はワシ

*2:一番最初のやつ。今思えばよく手に入ったもんだと思う