社会学的ラブソングアーカイブ

はてなダイアリー終了に伴う「社会学的ラブソング」アーカイブ。

Rockin' High Time vol.3

いつもお世話になっている怒髪セッション@関西メンバーが結成した
”怒鳴四天(どないしてん)”のライブを観に行ってきた。
出遅れたり乗り継ぎ悪かったり迷ったり夜はレタス鍋せなあかんかったりで
結局怒鳴四天と椎名林檎コピバンだけ観てきた。
(Mさんのエレカシ観たかったな。。。)
林檎さんコピーのボーカルさんが林檎さんっぽい着物でアコギ弾いて
歌ってはった。
弾き語りの後、バンド編成でGO!GO!の曲なども。
ベースかっこよかったある。
「丸の内サディスティック」はピアノあった方が締まっていいよなぁ。
しかし鍵盤の人のスペース無いのか(´・ω・)

転換中はGO!GO!やミッシェルらしき映像が流れたり。
怒鳴四天は曲によってメンバー変わるので、転換大変そうである。
前の方でスツール座って観てたが、周りは怒髪セッションメンバーや
お身内さんだらけである。

入場SEもモノホンの男祭りだよ〜だった。
アガるわ。あれでアガらん訳がない。
曲は怒髪セッション定番曲、「欠けたパーツの唄」はアレンジ変えて。
かっこよかったー。
ライブ初めてな方、出番前におんまくそ緊張してはった方も
ぜーんぜん分からない、というか舞台慣れしてはるよなぁ、という
妙な安心感があった。
お流石です!(坂さん風)
普通にライブだもん。
「オトナノススメ」は後ろの方までバンバンしてはったみたいで
几帳面にHさんが「ありがとー!」って返してはった。
欲を言えばギターのハイのしゃりしゃり言う所とベースの間が
埋まってたら(ギターのローかミッドがも少し出てたら?)いいなー、
と思わないでもなかったが、いいのだ。
皆さんいい顔してはったから、いいのだ。
お疲れ様でした。
ああライブっていいな。観るのも演るのも。
おらバンドやりてえ!

ところでAさんにお玉差し入れしたんだが、スベってないだろうか。
先週、フジの先行物販まで時間があほほど空いてたんで
”お玉探しの旅”に出たのであった。
金属製のお玉が意外と見つからなくて、うちで愛用中の
プラ製自力で立つお玉(多分うちのやつの改善版)買って来た。
お玉買いはったらええのに、と思っていたけど
あーんなに見つからなかったら仕方ないよなぁ。
これで大量にカレー作っても安心ですねっ☆