社会学的ラブソングアーカイブ

はてなダイアリー終了に伴う「社会学的ラブソング」アーカイブ。

脳外科へGO!

昨年末からの目眩の頻度が上がってきたのと前々からの頭痛が
気になっていたので、脳外科へ行って来た。
目眩についてはどこで診てもらったらええんやろ?と呟いたら
脳外科、耳鼻科・・・と教えて頂いたが
頭痛の事があったのと、ハハ・オカンが脳外科に行った話をしてたので
小生も行く事にした。
行くまで知らなかったんだけど、その脳外科は頭痛外来ありますよー、と
アピールしていた。
ちょうどよかったやん。

朝イチで行ったら時間余ったりしてなハハハ、と思いつつ診療開始時間に。
目眩と頭痛が・・・と言うと頭痛用の問診票を渡された。
待ってる人の多さの割りに呼ばれたん早かった。
問診票とお薬手帳の内容の確認だったので、こっちも不安になり
口頭でばーっと説明。
説明中もなーんとなく頭が痛い。
因みに目眩の状況については過去のついたの内容で振り返っておいた。
何となく鬱陶しかったので呟いてたの、意外と役に立ったな。
(見せられてたフォロワーの人は最悪だったかもしれないが。。。)
診察だけで「なんともありません」で終わっちゃうに違いない。
そう確信していたら「念のためMRI撮ります」。
そんなにあっさり撮っちゃうもんなのか。
どうやら待合の人の多さはMRI待ちの所為でもあったようである。
一旦離脱してドトる。

ビビりつつわくわくしつつMRI
なんちゃってシステム屋の頃に受けたいと思っていた。
ガンガン音がうるさいんだろ?
事前に貰った説明書きによると、ピンやら携帯やらもダメだが
カラコンもダメらしいです。
頭だけだからか、着替えもしないで眼鏡とアクセ外すだけで良かった。
思ってたより小さい機械だった。
頭固定され、非常用ボタン渡された辺りで緊張してきた。
目の前壁ですからねー、と何か被されたけど既に怖くて眼を閉じている。
25分位なーんもせんと、しかも音が五月蝿くて寝られないって辛いなー。
と思っていたが、五月蝿いけど不快ではなかったです。
そういうシンプルなエレクトロだと思ったら案外楽しかった。
低音が低すぎなくて、ちょっと歪み気味で。
運がよかったんだろうと思う。
頭痛が酷い時だったら、そんなん考えてる余裕無かった筈。
快適性も考えられていたのではないだろうか。

結果は何ともなかったです。
特に異常は無し。
画像撮る時より画像見る方が辛かった。
グロい。
脳みそはいいよ、脳みそから目玉に神経が伸びてるのとか気持ち悪かった。
ストレス、お天気、ホルモンバランスによって左右される状態らしい。
日々の生活を整えてーってのも難しいな^^;
メンタル用リーサルウェポンは目眩に対しても有効との事で
薬の処方は無かった。意外。
お財布には少々厳しかったですが、何も無くてよかった。