社会学的ラブソングアーカイブ

はてなダイアリー終了に伴う「社会学的ラブソング」アーカイブ。

結局「夢見るシャンソン人形」ってどんな歌だったんだ

愛だの恋だの歌ってる私の中身はからっぽ、がらんどうなのよ〜
って歌だと思っていたら、違いますよ!とご指摘を頂いた。

その「夢見るシャンソン人形」の概要。
夢見るシャンソン人形 - Wikipedia
以下、幾つか訳詞を確認。
http://www.eigo21.com/03/pops/poupee.htm
中尾ミエ 夢みるシャンソン人形 歌詞 - 歌ネット
ポップス系で可愛らしく歌ってる人達のは確認出来なかったが
特別に意訳して歌ってるのではないと思われる。
上記と別に、今回ご指摘くださった方の訳詞も拝読した。
どんだけ歌詞勘違いしていたのやらo...rz
お恥ずかしいったらありゃしない。
元々生き恥晒し日記ではありますが・・・。
まーた哂われてんだろ。
閑話休題
昔、インスタントシトロンの「夢見るシャンソン人形」がCMで流れていて
可愛い!と思っていたらお稽古で「そんな可愛らしい歌じゃない」という
話になって、どんな歌詞なのか?という話になったんだった。
(かといって、おどろおどろしく歌うのも違うような。)
どえらい曲解してたな。。。

しかし改めて読むと、随分醒めてるんだな。
昔も今もアイドルって愛だの恋だの歌ってるけど
(たまに反原発活動してはるアイドルもいらっしゃいますな)
割り切ってるんだろうなぁ、色々。
「男の子一人も知りもしないのに」ではない子もあるのかもしれませんが。
個人的にはアイドルじゃなくて自分で歌詞書いて歌ってます系も
「会いたいって歌ったら売れるんでしょ?」って割り切った上で
ああいうの歌ってて欲しいと思う。
本気であんな風に思ってるのだとしたら、それこそ中身からっぽ、やん。
(また要らん事を・・・)

因みに探してたら、こんなのもあった。
夢見るシャンソン人形〜デジタル人編