社会学的ラブソングアーカイブ

はてなダイアリー終了に伴う「社会学的ラブソング」アーカイブ。

ごがつのあめ

実は「如月ニーチェ」の音源が入手出来た。
ありがとうございます<(_ _)>
本日の日記はずーっと其れ、特に「五月の雨」聴きながら書いてた。
歌詞も耳コピ(?)した。
音の方もこれから頑張る。
歌いたかったの。
そんなんばっかりだ。


そんな訳でほえほえ〜っとしておったら、家人に色々言われる。
内容は伏せる(と言っても「二言目には嫁に行け!」の類ですわな)が
何で今言われなきゃいかんのだろうか。
パソ子カタカタやっとるからか。


いつもそうだ。
ああ楽しかった、嬉しかった、と思えるのはほんの一瞬で
すぐ潰れてしまう。潰されてしまう。ほんの一言で。
私は楽しかった余韻に浸ってはいけないのだろうか。
ずーっとじゃなくていい。
その日が終わる迄の数時間だけでも、だめなのだろうか。
飲み会・残業と称してライブに行っていた理由は
こういう気持ちの潰され方をしない為だったんだ。思い出した。


風がごうごう言ってる。多分雨も降ってる。
このまま何処かへ流してしまいたいよ。